森のコーヒーについて

森のコーヒーはこちら

銀座カフェーパウリスタの歴史
明治時代まだブラジルが世界のコーヒーの半分のシェアを握っていた頃、日本からブラジル移民の中に、現在の銀座カフェーパウリスタの初代社長である水野龍氏がいました。水野氏は多くの日本人が奴隷扱いしかされなかったブラジルで、ブラジルサンパウロ州政庁より日本におけるブラジルコーヒーの普及事業を任されたのです。
ブラジルで働く日本人たちの汗の結晶であるコーヒー豆を日本で広げることこそが、ブラジルでの移民者たちの立場向上につながると信じ、日本でコーヒーを広めることに着手しました。西洋ではカフェーというところでコーヒーが飲まれていることを知り、フランス、パリの有名なカフェー・プロコプに視察に行き、そこで老若男女がテーブルを囲んでコーヒータイムを楽しんでいることを知ったのです。
そして明治44年にカフェー・プロコプを真似したお店を銀座に作りました。百亜の2階建て大理石の暖炉のある洋館は、その当時の日本人にとっては驚きと珍しさ、そして非常に魅力的だったのではないでしょうか。これが銀座カフェーパウリスタの誕生です。
当時、かけそばや銭湯が3銭というときに、5銭でコーヒー一杯が飲めるようにしたのです。今の価値では約900円といわれていますが、これならちょっと高めではあっても、それでモダンでおしゃれな雰囲気の中で西洋の文化に触れることができたため、大人気となったと言われています。
朝日新聞社、電通本社、帝国ホテル、外国商館などにも近かったことから、文化人たちのたまり場となっていきました。朝9時から夜11時まで1日4000杯のコーヒーが飲まれたと言われているほどの人気だったそうです。文化活動の場所として、文学の世界では水上滝太郎、吉井勇、菊池寛、久米正雄、徳田秋声、正宗白鳥、宇野浩二、芥川龍之介、久保田万太郎、広津和郎、佐藤春夫、獅子文六、小島政二郎等が常連だったと言われています。後に銀座以外にも浅草、丸の内など全国に展開していったのです。

「森のコーヒー」は多くのファンがいる

そんな銀座カフェーパウリスタの中でも、ダントツの人気NO1が「森のコーヒー」なのです。農薬、化学肥料不使用の安心して満足できるコーヒー。銀座カフェーパウリスタがブラジルの契約農家から買い付けているパウリスタの思いの詰まったコーヒーです。
「森のコーヒー」はブラジルのカップテイスターの格付けにおいても、いつもトップランクの評価をもらっているというコーヒーです。口に含んだ瞬間に広がる満足感は、そのまま余韻と甘みを残します。ブラックはちょっと無理という人でもブラックで飲めてしまうという、まろやかな甘みが特徴です。

 

無農薬、化学肥料不使用

「森のコーヒー」はブラジルでもこだわりを持って、無農薬、化学肥料不使用という農法によって素晴らしいコーヒーを作っている4人の生産者のグループによって作られているのです。その中にはブラジルの有機栽培コーヒー豆のパイオニアの一人でもあり、自然農法の研究をし続けながら自然農法で素晴らしいコーヒー豆を生産しているあるジョン・ネット氏もおられます。
当然日本の農林水産省が定めた有機食品のJAS規格に適合した事業者だけが貼ることのできる有機JASマークブラジルで唯一の有機栽培認証機関であるIBDの認証。そしてドイツにてバイオダイナミック農法による認証をしている有機認証機関であるDEMETER認証も取得しています。

 

ローストは伝統の自家焙煎

ローストは銀座カフェーパウリスタの持つ自社工場で、風味を重視したローストを行っています。伝統の技術が質の良い豆を一段とアップ。「森のコーヒー」の魅力的な芳醇な甘さもこのローストによって、より引き出されているのではないでしょうか。

 

森のコーヒーお試しできます!

「森のコーヒー」1袋180g(挽き、豆)で約18杯分、1セット2袋となっています。定期コースは毎月お届けと、1ヶ月おきお届けが選択できて便利。1回5400円以下は送料がつきます。1セット180g×2=2138円となります。そして今回はお試しとして1セット180g1袋990円、送料無料となっているのです。まず1袋購入して「森のコーヒー」をお試しすることができ、そのうえ送料無料です。
それだけでなく京都たち吉の美濃焼、うさぎのマグカップが一袋に1個プレゼントでお試しセット1袋につき1個付きます。そしてもう一つ、うさぎのマグカップではなく、復刻赤黒コーヒーキャニスター缶でもOK。直径9.5センチ高さ13.8センチのコーヒー豆保存缶です。当時の銀座カフェーパウリスタを思い起こさせるような赤と黒のキャニスター缶。どちらか選ぶこともでき、こんなプレゼントがついて990円です。

 

森のコーヒーをもっと詳しく知りたい方はコチラ

関連ページ

十六種類の野菜 半額
青汁でも人気の世田谷自然食品「十六種類の野菜」のご紹介です。毎日是非摂りたい厳選された野菜16種類を美味しく作り上げた野菜ジュースです。やっぱり野菜は摂りたいけどなかなか摂れない。そんな人にも美味しいから毎日続けやすい。これなら野菜嫌いの人にもおすすめです。
フィットライフコーヒーお試し
毎日コーヒーを飲むことで健康作りのサポートができるトクホコーヒーは、コーヒー好きな人におすすめです。美味しい「フィットライフコーヒー」を飲むだけで、血糖値サポートが期待できます。
世田谷のおみそ汁
世田ヶ谷自然食品ではお湯をそそぐだけの、おみそ汁セットを発売。味わいもいろいろあり、減塩タイプ・具だくさんタイプなども。毎日違ったおみそ汁を楽しむことができます。毎朝忙しい人にもおすすめの世田ヶ谷のおみそ汁、ここまでおいしくなりました。
緑でサラナ
40代に入ると、コレステロールが気になる人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、コレステロールと野菜の力を研究して作られた「緑でサラナ」がサンスターから発売されました。野菜の力であるSMCSを配合した日本で唯一の特定保健用食品。多くの人から嬉しい声も寄せられています。
レスベラトロールの水
レスベラトロールの魅力がいっぱいの、飲む美容水「レスベラトロールの水」のご紹介です。レスベラトロールという名前をまだ知らない人も多いかも知れません。レスベラトロールとはポリフェノールの一種でサンタベリーや葡萄、ピーナッツの渋皮などの色素に含まれるポリフェノールです。わかさ生活から発売しました。
あじかんショップの焙煎ごぼう茶
朝からすっきりしたい人、ゴボウのパワーを試したい人におすすめ、あじかんショップの「あじかん焙煎ごぼう茶」のご紹介です。高級ごぼうを丸ごと使っているので、お茶を出した後は卵焼きや混ぜご飯の具にしてもOK。まるごと食べられる「あじかん焙煎ごぼう茶」です。
コラ100「食べるコラーゲン」
株式会社ニッピコラーゲン化粧品から発売の食べるコラーゲン「ニッピコラーゲン100」のご紹介です。純度100%の飲むコラーゲン。コラーゲン原料シェア1位の株式会社ニッピコラーゲンだからできる最高品質のコラ100。キレイのためには体の中からコラーゲンをプラスしましょう。
月刊茶の間「こいまろ茶」
お茶で有名な京都宇治田原で生まれた、毎日飲みたい理想のお茶、「こいまろ茶」のご紹介です。月刊茶の間の読者100人にアンケートの結果、好きな緑茶の味は濃くてまろやかなお茶と答えた人が71%、好きなお茶の色は濃い緑色と答えた人が75%という結果に。そんな理想のお茶が、宇治田原製茶場から毎月お届けの「こいまろ茶」です。
はちみつ梅エキス
青梅30kgからたった30gしか採れない梅肉エキスに蜂蜜をプラス。梅専門の株式会社梅翁園から発売されている「はちみつ梅エキス」のご紹介です。青梅のパワーと蜂蜜のパワーをダブルで、毎日の元気をサポートします。
完熟アロエ
良質のキダチアロエ生搾り100%、一滴の水も加えられていない「完熟アロエまるごと純しぼり」のご紹介です。純正なアロエエキスを500mlの瓶に2kgのアロエを閉じ込めています。何も余分な物が入らない純正アロエ生ジュースは、アロエの魅力を十分に実感することができるはずです。アロエ専門のアロエ本舗から発売されています。
元気セブンお試し
毎日、きちんと必要な栄養素を十分摂るのは意外と難しいものです。だから30種類の栄養素を1袋にまとめたマルチバランスサプリメントは現代人にピッタリ。株式会社トウ・キューピーから発売された「元気セブン」のご紹介です。