元気セブンお試しについて

元気セブンお試し公式ページ

↓今なら元気セブンお試し特別価格50%OFF!↓

元気セブンお試しお申込み

毎日大切な栄養素を摂っていますか?

食生活の重要性はしっかり意識していても、なかなか毎日の食事から必要な栄養素をしっかり摂取することは難しいと言われています。実際に野菜の摂取量はもちろん、ビタミン、ミネラルなどの栄養素も不足していると厚生労働省でも注意喚起をしています。
和食中心だった食生活から欧米型に変わり、大切な野菜や魚を食事から十分摂ることが難しくなくなっています。また外食が多く、冷凍食品などの利用も多くなってきていることも、栄養素を十分摂れなくなった原因かも知れません。
例えば50代の女性の栄養摂取量と摂取基準値を見てみても、ビタミンA:約23%不足、ビタミンB1:約20%不足、ビタミンB2約7%不足、カルシウム:約20%不足、マグネシウム:約10%不足、亜鉛:約10%不足という結果となっています。

「元気セブン」の魅力

「元気セブン」は一日分が小さな小袋に入り、持ち運びも簡単。かわいいカプセルや錠剤7つに、たくさんの栄養素がぎっしり詰まっています。一般的なマルチビタミンサプリと違うところは、ビタミン、ミネラルの他に、DHA・EPAや強力な抗酸化パワーを持つカルテノイド類、エイジングにも嬉しいコエンザイムQ10、コンドロイチンなど、どれも別々のサプリで摂りたい成分がすべて含まれているのです。欲しかった成分がちゃんと入っている、中高年も満足できるサプリと言えます。信頼できるマヨネーズでも歴史のある、株式会社キューピーが作ったものだから安心して続けることができるのです。

 

「元気セブン」1袋の7粒に栄養がいっぱい

元気セブンの1パック7粒の詳細

カルシウム&マグネシウム(コンドロイチン配合)

カルシウム&マグネシウム(コンドロイチン配合) 卵殻カルシウム、マグネシウム、コンドロイチン硫酸、ビタミンD3配合

ミネラルミックス

ミネラルミックス 亜鉛、クロム、セレン、鉄、銅、マグネシウム、マンガン、モリブデン配合

ビタミンB群

ビタミンB群 ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン配合

ビタミンC&コエンザイムQ10

ビタミンC&コエンザイムQ10 ビタミンC、コエンザイムQ10配合

卵黄コリン

卵黄コリン 卵黄コリン、ビタミンB12配合

カロテン&ビタミンE

カロテン&ビタミンE α-カロテン、β-カロテン、ルテイン、リコピン、ゼアキサンチン、ビタミンE配合

DHA・EPA

DHA・EPA DHA・EPA配合

「元気セブン」配合・ビタミン

5大栄養素の1つのビタミンはいろいろな働きがあり、生きていく上で欠かせない栄養素です。ビタミン自体タンパク質、脂質、糖質のようにエネルギーになるものではありません。しかしビタミンは、これらをエネルギーとして代謝するためには不可欠です。生きていくための潤滑油のようなもので、細かい不調もコントロールします。13種類あるビタミンの中の、特に不足しがちな11種類を配合しています。
ビタミンは野菜に多く含まれています。現在、厚生労働省の推奨する一日の野菜摂取量は350gとされていますが、多くの人はこれだけの野菜を摂れていないのが現状です。また水溶性のビタミン(ビタミンB1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンC)は、調理法によってどんどん排出してしまうという扱いの難しさもあります。

「元気セブン」配合の11種類のビタミンについて

ビタミンB1 糖質代謝に欠かせない補酵素に変換し、脂質やアミノ酸代謝をサポート。ビタミンB1の不足によって代謝が低下し、健康障害や肥満などが起こります。また神経機能を正常に保つ効果もあり、イライラを和らげます。他にも不足すると記憶力や集中力の低下、皮膚や粘膜の不調、腸管の運動の低下などが起こります。過剰症の心配はありません。

(摂取目安量0.3mg〜25mg)

ビタミンB2 ビタミンB1と同じように皮膚や粘膜を守り、糖代謝や脂質代謝をサポート。エネルギーをつくり、老化を防止効果もあります。不足すると動脈硬化のリスクが高まり、口内炎、皮膚炎、舌炎などの可能性も高くなります。過剰症の心配はありません。

(摂取目安量1.2〜1.6mg)

ビタミンB6 アミノ酸代謝には不可欠であり、肉などのタンパク質のエネルギー変換に深く関わります神経伝達物質生成のサポートにも欠かせません。代謝を高めるためにも十分欲しいビタミンです。過剰摂取によるトラブルはほとんどありません。

(摂取目安量1.2〜1.4mg)

ビタミンB12 ビタミンB1と同じく皮膚や粘膜を守り、糖代謝や脂質代謝を助けエネルギーをつくり、老化防止にも働きます。不足することで動脈硬化のリスクが高くなり、口内炎、皮膚炎、舌炎などのリスクも高まります。過剰症の心配はありません。

(摂取目安量2.4μg)

葉酸 葉酸は赤血球を作るために不可欠胎児の正常な成長にも関わるビタミンです。また核酸代謝に働き正常な遺伝子生成にも関係し、厚生労働省も妊活中や妊娠中の摂取を推奨しています。過剰摂取も注意が必要ですが、まず不足しないようにしたいものです。

(摂取目安量240μg、妊活・妊娠中は400μg)

パントテン酸 糖代謝や脂質代謝の補酵素として欠かせません。ダイエットにも嬉しいビタミンです。過剰摂取には特に心配はありません。

(摂取目安量4〜5mg)

ナイアシン ナイアシンはアルコールの分解や動脈硬化の予防に必要なビタミンです。不足すると重度の肌荒れが起こるペラグラという障害に。過剰摂取はインスリンの働きを低下。

(摂取目安量12〜15mg)

ビオチン 皮膚や粘膜を健康に維持し、アミノ酸代謝、脂肪酸合成にも不可欠です。不足すると倦怠感や疲労が続きます。過剰摂取は心配ありません。

(摂取目安量50μg)

ビタミンC 皮膚の粘膜を正常に保ち、強力な抗酸化作用があり、美肌効果も高いビタミンです。コラーゲンなどの美肌成分の生成にも欠かせません。また鉄分の吸収促進にも不可欠です。免疫アップ効果も高く、不足すると肌荒れ、アレルギー、敏感肌、風邪引きなど免疫低下によるトラブルが起こりやすくなります。過剰摂取のトラブルはほとんどありません。

(摂取目安量100mg)

ビタミンE 高い抗酸化作用があり、さまざまな健康作用があり、アンチエイジングなど若々しさを保つためにも重要なビタミンです。血液サラサラ効果や血行促進効果もあり妊活にも重要です。また子どもの歯や骨の成長にも不可欠です。不足すると免疫の低下にもつながり老化にもつながります。

(摂取目安量は6.0〜6.5μg)

ビタミンD 腸管からカルシウムとリンの吸収をサポートします。太陽に当たることによって、体内生成もできるビタミンです。欠乏症は骨粗鬆症などがあり、カルシウムが十分吸収できなくなります。妊娠中にも欠かせないビタミンです。

(摂取目安量は5.5μg)

「元気セブン」配合・ミネラル

5大栄養素の1つであるミネラルは、必要な量はとても少ないものの、体にはとても大きな影響を与えます。骨や歯の原料となるカルシウム、赤血球の材料となる鉄、骨形成をサポートするマグネシウム、酵素の構成成分となり代謝をサポートする亜鉛。
このようにミネラルには重要な働きがあります。しかし野菜や魚に多く含まれているため、なかなか現代の食生活では満足に摂れないのが現状です。「元気セブン」には13種類のミネラルのうち、不足しがちな重要ミネラル9種類を配合しています。

「元気セブン」配合の9種類のミネラルについて

亜鉛 亜鉛が不足は不安定な精神状態になりやすく、記憶力の低下なども起こります。男性のエネルギーや、女性の妊娠のためにも必要です。また新しい細胞生成にも不可欠で、若々しい元気な毎日のためにも欠かせません。体内に存在するのはたった約2gと微量ミネラルです。

(摂取目安量8〜10mg)

クロム 糖質代謝、脂質代謝、タンパク質代謝に関わるミネラルと言われており、血糖値にも深く関わっています。魚介類、肉類、卵、チーズ、穀類、海草類などに多く含まれています。

(摂取目安量30〜40μg)

セレン 強力な抗酸化パワーがありますが、摂り過ぎに注意したいミネラルです。魚介類、肉類、穀類、種実類などに多く含まれています。

(摂取目安量20〜25μg)

カルシウム カルシウムは骨や歯を形成します。日本人は不足傾向にあるため、意識的に摂取したいミネラルの1つです。30〜40代男性のカルシウム推奨量が650mgに対して平均摂取量は約460mg。30〜40代女性の平均摂取量は約470mgと、カルシウム不足は、はっきりしています。カルシウムの99%は骨になりますが、骨がカルシウムの倉庫となっています。カルシウムが不足すると骨からカルシウムが溶け出すので、スカスカになってしまいます。牛乳、乳製品、小魚、海草類、大豆製品、緑黄野菜などに含まれます。

(摂取目安量600mg)

日本人の鉄不足も厚生労働省が注意喚起しています。鉄は赤血球を生産するためには不可欠。体内に酸素を届けるヘモグロビンを構成しています。海草類、貝類、レバー、緑黄野菜などに多く含まれます。

(摂取目安量6.5〜7.5mg)

銅が必要性はあまり知られていないようです。肝臓、血液などに存在し、血液を作るサポートとしても働きます。骨や筋肉、レバー、魚介類、種実類、豆類、ココアなどが含まれています。

(摂取目安量0.8〜1.0mg)

マグネシウム マグネシウムはカルシウムと一緒に骨、歯などをつくりますイライラ緩和にも関わっています。豆類、種実類、海草類、魚介類などに多く含まれます。

(摂取目安量290〜370mg)

マンガン 生殖器の機能アップに必要な成分です。美容にも深く関係すると言われています。夫婦円満のためにも不足したくないミネラルです。高野豆腐、ショウガ、玉露茶、しそ、バジル、シジミなどに含まれます。

(摂取目安量3.5〜4.0mg)

モリブデン 血のミネラルとも言われ、血液の生成に関わっています肝臓や腎臓に存在し、酵素の働きをサポート糖質、脂質の代謝もサポートしています。そして鉄の利用率を高める働きもあるのです。

(摂取目安量15〜20μg)

「元気セブン」配合・卵殻カルシウム

卵殻カルシウムはキューピーの研究によって開発した、卵の殻を原料に加工した食品用の天然カルシウムです。主成分は炭酸カルシウムで吸収力が非常に高いカルシウムです。

 

「元気セブン」配合・卵黄コリン

体内のすべての細胞膜に含まれているレシチンに存在する、コリンの働きが注目されています。栄養の宝庫とも言われている卵黄コリンは、細胞1つひとつを元気にし、ハツラツとした毎日をサポートします。ビタミンB12を一緒にすると、より健康に良いことも確認されています。

 

「元気セブン」配合・DHA・EPA

DHAとはドコサヘキサエン酸、EPAとはエイコサペンタエン酸の略称です。どちらも体内生成はほとんど難しい成分なので、外から摂ることが必要です。特に青魚に豊富に含まれている成分で、血液をサラサラにする効果があります。動脈硬化予防やコレステロール値を下げる効果があります。DHAは脳の機能を高め、痴呆症などの予防にも期待できる成分です。

 

「元気セブン」配合・コンドロイチン硫酸

コンドロイチン硫酸は、コラーゲンとともに結合組織を作り、弾力性や保水性を保つ働きがあります。体内生成もされますが、加齢とともに体内生成はほとんど行われなくなる成分です。関節の不具合の緩和効果も期待できます。

 

「元気セブン」配合・コエンザイムQ10

CoQ10は私たちがエネルギーを作り出すために、欠かせない補酵素です。CoQ10が足りなくなると、細胞の中でのエネルギー作りがスムーズに行われず、エネルギー利用ができなくなります。そのため、CoQ10の不足は、細胞本来の働きができなくなります。CoQ10は体の中のエネルギーを作り出すミトコンドリア内膜に存在し、生き生きとした毎日を過ごすためにも、とても重要な物質なのです。

 

「元気セブン」配合・カルテノイド

自然界に存在する黄色や赤色の色素の総称で、600種類以上存在しています。強力な抗酸化パワーによって活性酸素を除去し、生活習慣病などさまざまな病気の予防や健康や美容効果が期待できるのです。

α-カロテン 緑黄野菜に多く含まれている黄色や赤色のカロチノイド系色素の一種で、強力な抗腫瘍効果、抗がん効果が確認されており、老化や生活習慣病を防止する抗酸化作用はβカロテンの10倍と言われています。
β-カロテン 緑黄野菜などに多く含まれるカロテノイドの一種で、強力な抗酸化パワーが健康をサポート。体の中では必要なときにビタミンAに変換することができ、ビタミンAとして働きます。粘膜や皮膚、免疫機能を整え、視力を維持効果があります。加齢による黄斑変性症の予防や美肌効果も期待出来る成分です。
ゼアキサンチン 緑黄野菜に多く含まれているカロテノイドの一種で、強力な抗酸化パワーを持ち、ルテインとともに目の黄斑部に存在しています。黄斑変性症や白内障の予防に期待される成分です。
リコピン カロテノイドの一種で、トマトやスイカに多く含まれています。強力な抗酸化パワーによって、悪玉(LDL)コレステロールの酸化を抑え、血流を改善して生活習慣病を予防します。
ルテイン 緑黄野菜などに多く含まれる黄色の天然色素で、目の中の水晶体や黄斑部に存在している成分です。強力な抗酸化パワーによって目を守り、黄斑変性症や白内障などの予防にしっかり働きます。

成分と配合量

【1袋7粒(2.83g)当たり】

エネルギー 13.3kcal、たんぱく質 0.57g、脂質 0.82g、
炭水化物 0.92g、ナトリウム 5.1mg、ナイアシン 30mg、パントテン酸 15mg、ビオチン 250μg(556%)、ビタミンB1 12.5mg(1250%)、ビタミンB2 6mg、ビタミンB6 5mg(500%)、ビタミンB12 30μg(1500%)、ビタミンC 334mg(418%)、ビタミンD 0.5μg、ビタミンE 100mg(1250%)、葉酸 100μg、β-カロテン 1.5mg、亜鉛 1.2mg、カルシウム 100mg、クロム 5μg、セレン 4.2μg、鉄 1.1mg、銅 0.12mg、マグネシウム 46.7mg、マンガン 0.6mg、コレステロール 2.8mg、α-カロテン 0.75mg、EPA 50mg、DHA 50mg、コエンザイムQ10 10mg、コンドロイチン硫酸 20mg、ゼアキサンチン 0.15mg、モリブデン 3.4μg、リコピン 3mg、リゾリン脂質 58mg(リゾホスファチジルコリン 50mg)、ルテイン 3mg

 

元気セブンの価格について

元気セブン

1箱60袋入り2カ月分、通常価格

7,182円(税込)+送料

1箱60袋入り2カ月分、定期コース

(2カ月に1回お届け)

初回限定3,591円(税込)
2回目以降6,822円(税込)送料無料

初めての方限定お試し特別価格

定期コース初回50%OFF1.796円(税込)

元気セブンお試しをもっと詳しく知りたい方はコチラ

関連ページ

森のコーヒー
満足のできるコーヒーを飲みたいと思っている人はとても多いようです。だから満足のできるコーヒーが飲めるカフェはいつも大人気です。そんなカフェの代表格が銀座カフェーパウリスタではないでしょうか。「森のコーヒー」はそこで一番人気のコーヒー豆。さて「森のコーヒー」のご紹介をする前に、銀座カフェーパウリスタのご紹介をしていきましょう。
十六種類の野菜 半額
青汁でも人気の世田谷自然食品「十六種類の野菜」のご紹介です。毎日是非摂りたい厳選された野菜16種類を美味しく作り上げた野菜ジュースです。やっぱり野菜は摂りたいけどなかなか摂れない。そんな人にも美味しいから毎日続けやすい。これなら野菜嫌いの人にもおすすめです。
フィットライフコーヒーお試し
毎日コーヒーを飲むことで健康作りのサポートができるトクホコーヒーは、コーヒー好きな人におすすめです。美味しい「フィットライフコーヒー」を飲むだけで、血糖値サポートが期待できます。
世田谷のおみそ汁
世田ヶ谷自然食品ではお湯をそそぐだけの、おみそ汁セットを発売。味わいもいろいろあり、減塩タイプ・具だくさんタイプなども。毎日違ったおみそ汁を楽しむことができます。毎朝忙しい人にもおすすめの世田ヶ谷のおみそ汁、ここまでおいしくなりました。
緑でサラナ
40代に入ると、コレステロールが気になる人も多いのではないでしょうか。そんな人のために、コレステロールと野菜の力を研究して作られた「緑でサラナ」がサンスターから発売されました。野菜の力であるSMCSを配合した日本で唯一の特定保健用食品。多くの人から嬉しい声も寄せられています。
レスベラトロールの水
レスベラトロールの魅力がいっぱいの、飲む美容水「レスベラトロールの水」のご紹介です。レスベラトロールという名前をまだ知らない人も多いかも知れません。レスベラトロールとはポリフェノールの一種でサンタベリーや葡萄、ピーナッツの渋皮などの色素に含まれるポリフェノールです。わかさ生活から発売しました。
あじかんショップの焙煎ごぼう茶
朝からすっきりしたい人、ゴボウのパワーを試したい人におすすめ、あじかんショップの「あじかん焙煎ごぼう茶」のご紹介です。高級ごぼうを丸ごと使っているので、お茶を出した後は卵焼きや混ぜご飯の具にしてもOK。まるごと食べられる「あじかん焙煎ごぼう茶」です。
コラ100「食べるコラーゲン」
株式会社ニッピコラーゲン化粧品から発売の食べるコラーゲン「ニッピコラーゲン100」のご紹介です。純度100%の飲むコラーゲン。コラーゲン原料シェア1位の株式会社ニッピコラーゲンだからできる最高品質のコラ100。キレイのためには体の中からコラーゲンをプラスしましょう。
月刊茶の間「こいまろ茶」
お茶で有名な京都宇治田原で生まれた、毎日飲みたい理想のお茶、「こいまろ茶」のご紹介です。月刊茶の間の読者100人にアンケートの結果、好きな緑茶の味は濃くてまろやかなお茶と答えた人が71%、好きなお茶の色は濃い緑色と答えた人が75%という結果に。そんな理想のお茶が、宇治田原製茶場から毎月お届けの「こいまろ茶」です。
はちみつ梅エキス
青梅30kgからたった30gしか採れない梅肉エキスに蜂蜜をプラス。梅専門の株式会社梅翁園から発売されている「はちみつ梅エキス」のご紹介です。青梅のパワーと蜂蜜のパワーをダブルで、毎日の元気をサポートします。
完熟アロエ
良質のキダチアロエ生搾り100%、一滴の水も加えられていない「完熟アロエまるごと純しぼり」のご紹介です。純正なアロエエキスを500mlの瓶に2kgのアロエを閉じ込めています。何も余分な物が入らない純正アロエ生ジュースは、アロエの魅力を十分に実感することができるはずです。アロエ専門のアロエ本舗から発売されています。