エストロゲン様作用とは?

いろいろなサプリなどの成分説明などに、エストロゲン様(よう)作用という言葉があります。これはどのような意味なのか、そしてどのような働きがあり、どのようなものに含まれているのでしょう?

エストロゲンとは?

エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)は主な女性ホルモンとして知られています。特にこの2つのホルモンが交互に優位になることで、生理のメカニズムがつくられているのです。そのためこの2つのホルモンのバランスが乱れると、生理不順や不妊の原因にもなりかねません。

 

また特にエストロゲンは美のホルモンとも言われ、女性らしさを司るホルモンとも言われており美肌やバストアップなどにも大きく影響しています。もちろん美のホルモンといっても、過剰分泌や過剰摂取は乳がんや子宮がんなどの原因にもなるので、バランスが重要です。
子宮や子宮膜、乳腺などの発達、女性らしい体つきなどにも関係しますが、エストロゲンは卵巣でつくられる女性ホルモンです。そのため卵巣の働きが低下する閉経前後の女性は急激にエストロゲンも激減します。
またホルモンバランスが乱れることで自律神経まで乱れ、更年期のトラブルにもつながります。エストロゲンの低下によって、美肌に影響のあるコラーゲンやセラミドなど、さまざまな美容成分の体内生成も減少していき、シワやたるみの原因になったり、他にもエストロゲン減少は、いろいろな健康に影響が出るとも言われています。

 

エストロゲン様作用とは?

エストロゲン様作用とは、エストロゲンに似た働きを持っている植物の成分作用のことを言います。そしてこれを植物性エストロゲンという言い方をする場合も。分子構造がエストロゲンととても似ていますが、もちろんまったく同じではありません。

 

ストロゲン様作用

例えば大豆イソフラボンなども、多くの人に知られているエストロゲン様作用成分の1つです。他にもアルファルファにも多く含まれています。また不妊症の人にはザクロジュースが勧められますが、エストロゲン様作用があるからです。また東南アジアに自生するヤム芋や、タイに自生するプエラリアミリフィカなども大豆イソフラボンを圧倒するエストロゲン様作用を持っており、バストアップサプリなどにも配合されています。またわたしたちが良く食べる山芋、大和芋が美肌に良いというのもエストロゲン様作用野菜だからなのです。また胡麻や亜麻仁油に含まれるリグナンという成分にもエストロゲン様成作用が期待されています。

 

どんなときに利用するのか

エストロゲン様作用を持つ食品やサプリは、さまざまなときに利用できます。例えば女性度をアップしたいと思っている女性にもおすすめです。綺麗な肌、女性らしいボディーラインなどもエストロゲンが大きく影響しています。
また女性にとって生理は大切です。生理が遅れ気味、生理痛があるなどの原因もエストロゲン不足がほとんど。顔色が悪化したり、肌がボロボロになったり、気分がダウンしたりとさまざまなところに影響が出たり、不妊にもつながるため、妊活を考えている人にもおすすめです。

 

女性の場合閉経前後は更年期に入り、イライラが続いたり突然の火照りなどいろいろなトラブルが出てきます。更年期のトラブルはエストロゲンが急減し、ホルモンバランスの悪化による、体の悲鳴とも言われています。
できるだけスムーズに、体の変化に対応するためにもエストロゲンを増やしたいものです。ホルモン治療をせず、できるだけ自然なかたちでエストロゲンを増やすためにも、エストロゲン様食品やサプリの摂取はおすすめです。これらエストロゲン不足によって起こるトラブルをサポートする、エストロゲン様食品やサプリを上手に利用してみてはいかがですか。ただし摂りすぎには注意が必要なため、サプリの目安量はきちんと守りましょう。

関連ページ

SOD酵素
SOD酵素とは?SOD酵素という言葉を聞いたことがある人も多いかも知れません。とても体によいというイメージですが、どのような酵素なのでしょう。SOD酵素についてもう少し掘り下げてみましょう。特にエイジングに関わるサプリなどの成分として知られています。