乳酸菌について

乳酸菌について

乳酸菌というと、「お腹の中の良い細菌」「お腹のために良い細菌」「乳製品に入っている細菌」というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。特に腸内研究も進み、お腹の中がとても重要だということが言われるようになり、乳酸菌食品やサプリも大人気です。乳酸菌とは?乳酸菌食品とは?乳酸菌の働きは?などまとめてみました。

乳酸菌とは

 

オリゴ糖などの糖を分解して乳酸などを代謝する細菌の総称を言い、その種類は600以上、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌に分かれます。ビフィズス菌、アシドフィルス菌、腸球菌であるフェカーリス菌などが善玉菌として腸内に住み着いており、広域の意味では腸内で乳酸を代謝するこれらの善玉菌はすべて乳酸菌の一種とも考えられます。

乳酸菌とビフィズス菌

乳酸菌とビフィズス菌を分けて考えると、人間のお腹の中の善玉菌の99%がビフィズス菌、1%が乳酸菌と言われており、乳酸菌はたった1%です。しかし乳酸菌はこのたった1%でありながらビタミン、ホルモン、酵素などの体内生成をサポートし、免疫力などにも深く関わるという大きな働きを担っています
乳酸菌もビフィズス菌も糖類を分解しながら乳酸を代謝しますが、ビフィズス菌は強力な殺菌力を持つ酢酸なども同時に代謝します。乳酸菌とビフィズス菌はいわゆる善玉菌連合として、お互い協力しながら悪玉菌を抑え、体の環境を良い状態にしているのです。

 

乳酸菌の働きについて

乳酸菌の働きは、乳酸菌や善玉菌の代謝する乳酸や酢酸などによって、腸の刺激と動きの促進、そして悪玉菌と言われている有害菌の増殖を抑えます。他にも乳酸菌はビタミンB、C、K、ホルモン、体内酵素を生成、免疫力促進にも深く関わっているのです。
腸内研究により、腸内の環境がすべての健康を司っていると言っても過言でないほど関係が深いことも解明されています。そのため乳酸菌の働きは、すべての健康につながるとも言えるのです。

腸内にはどのぐらいの細菌が存在しているのか

腸内の細菌

腸内の細菌の種類は人によって差があるものの、約100種類100兆個の細菌が住んでいると言われています。そしてこれらの細菌の中には乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、有害菌とも言われている悪玉菌、そしてどちらにも優位な方になびく日和見菌があります。
理想のバランスは善玉菌2:悪玉菌1:日和見菌7となっていますが、この割合が毎日の健康に大きく影響するということも解明されているのです。そのためにも善玉菌と悪玉菌の割合を良い状態にするためにも乳酸菌の摂取はとても重要であると言われています。

プロバイオティクスとプレバイオティクス

このような乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を生きたかたちで体に取り入れる菌や、菌を含む食品をプロバイオティクスと呼んでいます。例えば乳酸菌やビフィズス菌、ヨーグルト、漬け物などです。また腸の中でこれらの善玉菌を増殖促進させる、難消化性食品成分をプレバイオティクスと言います。つまり善玉菌を応援する食品成分のことであり、例えばオリゴ糖、大豆、バナナ、食物繊維などを指します。

乳酸菌が含まれる食品

乳酸菌というとやっぱりすぐに浮かぶのがヨーグルトやチーズではないでしょうか。動物性乳酸菌はこれらの発酵乳食品にしか存在することができません。しかし植物性乳酸菌は漬け物、味噌、醤油など発酵食品に多く含まれています。

 

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌について

動物性乳酸菌

乳酸菌には植物性と動物性の乳酸菌がありますが、この2つには多くの違いがあります。まず一番大きい違いは住んでいる場所です。動物性乳酸菌の場合は乳糖をエネルギーとして、乳製品の中でしか生きられません。空気に触れたり熱、酸などにも弱く、わたしたちはヨーグルトやチーズのような発酵乳製品から摂取することになります。

 

植物性乳酸菌

植物性乳酸菌は酸にも空気、熱にも強く、エネルギー源はブドウ糖、果糖、しょ糖などで、漬け物や味噌、醤油、日本酒、ワインなどの発酵食品に含まれています
とはいっても動物性の乳酸菌の中にも、とても酸に強いタイプなども発見されています。しかし一般的に植物性乳酸菌は強く、動物性乳酸菌はデリケートという傾向があるのです。また米を主食とし味噌や醤油の歴史も古い日本人には、植物性乳酸菌はとても馴染みのある乳酸菌として人気があります。

乳酸菌1日の摂取目標量は?

乳酸菌の1日の摂取目標量としてヨーグルト約200gと言われています。ヨーグルトカップ1つ約100gに乳酸菌は約20億〜30億個と言われているので、1日の乳酸菌は最低でも約40億〜60億個は摂取したいということになります。もちろんヨーグルトの種類によっても乳酸菌の数はだいぶ違いますが、平均的なヨーグルトでこの程度です。そのため約2カップ程度が1日の理想摂取量ということになります。

 

しかし日本人の私たちは漬け物や味噌汁も食べるので、そういう意味では毎日最低でも1カップ程度は必ず摂りたいものです。自分の状態、好みなどによってはサプリなどを摂取する方が良い場合もあります。またヨーグルトを摂取する場合、甘いタイプのものは糖分の摂り過ぎに注意が必要です。そして漬け物にも豊富に含まれると言っても、漬け物の食べ過ぎは塩分摂り過ぎにも注意しなければなりません。もしたっぷり乳酸菌を摂りたいなら、サプリからの摂取も考えてみるといいのではないでしょうか。

乳酸菌|はじめて.com記事一覧

善玉菌のチカラ

「善玉菌のチカラ」の魅力「善玉菌のチカラ」の魅力の1つは、カスピ海ヨーグルトで知られているクレモリス菌FC株を、たっぷり摂取できることではないでしょうか。クレモリス菌FC株はとても魅力的な乳酸菌ですが、非常にデリケートな乳酸菌と言われています。しかしフジッコの技術によって1粒で20億個以上も凝縮することができたのです。そして「善玉菌のチカラ」は1粒0.71キロカロリーと低カロリーなので、ヨーグルト...

アレルケア

モンゴルで出会った「酸乳」という乳酸食品を飲み続けることによって、その素晴らしさを体感した三島海雲氏は、多くの人たちの健康に役立つような乳酸菌食品を作りたいという気持ちから乳酸菌の研究を始め、そこからあの「カルピス」が誕生しました。その乳酸菌の研究の歴史はとても長く、多くの乳酸菌の中から素晴らしい働きをする10種類の乳酸菌が選ばれ、その中からさらに一番働きの素晴らしい乳酸菌として「L-92乳酸菌」...

ラクビ

無理な食生活は逆効果!もっと思ったような自分になりたいと思っている人、年齢が高くなってきたら、昔のスタイルに戻れないという人、食事を減らしたり、運動を頑張っても結果が出ない、こんな人達はついつい無理な食生活を送ってしまうひとも多いですね。しかし食生活が乱れると「でぶ菌」が増えて逆効果になってしまいます。頑張っても、なかなか思ったような変化が出ない人は、お腹のフローラに問題がある可能性もあります。お...