目的地(山頂)へのコースの取り方について

山の形によって、登山道がいくつもある場合があります。そういう場合、はじめてトレッキングをされる方は短い距離、高低差の少ない所を選ぶようにしましょう。

 

コースの取り方

コースの取り方

登山用の地図には、ポイントからポイントまでのおよその歩行時間が記載されています。白い丸のポイントからポイントへ、このような右や左に向かう記号><と一緒に記載されています。

 

同じ区間を「>40分」「<60分」と記載されていれば、行き(登り)と帰り(下り)の誤差が20分あります。「>40分」の方向へは下り、「<60」の方向へは登りということです。
この誤差が大きいほど登りはきつくなります。下りに関しては、その地形によって危険な箇所も含まれています。

 

1つの山頂を目指すときに、3つのコースがある場合各登山口から山頂までの行き(登り)の時間の合計、帰り(下り)のそれぞれを合計します。

 

山の地図や本には、それぞれの著者がいてそのコース上にある時間の表記の根拠を初心者が無理なく歩ける時間であったり、40−50歳の登山経験者の2−5人のパーティーと表記があります。表記されている時間を基準にして登山計画を立てると安心です。

 

本と地図を比較する場合、初心者の方の方が本を手に取る機会が多いはずです。何の情報もない場所へ、地図だけでしかも一人で行くとは考えにくいからです。なので、本の方が若干歩行時間が長く表記されている場合があります。

 

目的の登山の高低差について

登山口から山頂までの標高差を見ます。この差が大きいほど、その登山は厳しいと考えてください。同じ勾配なら、距離が長いほどしんどいですからね。
山頂には標高が何mなのかの表記がありますが、登山口にはほとんど記載がありません。5万分の1の地図では等高線は20m間隔、1cmは500mとなります。とはいっても中々地図読むのは難しいですね。大抵の人は小学校と中学校で習っているレベルですが・・・

 

そんな時は、分県登山ガイドが役立ちます。標高差、歩行時間、歩行距離、コース定数などの情報が記載されていますから地図と一緒に見られることをおすすめします。

関連ページ

トレッキング前に再確認しておくこと
トレッキング前に再確認しておくことがあります。トレッキングを考えておられる方はチェックしてみましょう。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキングの魅力と楽しみ方
トレッキングの魅力と楽しみ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキング何から始めればいいの?
トレッキングを始めたいけど何から始めればいいのか、トレッキングの手順や準備についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキングに必要な準備
トレッキングシューズや服装などトレッキングに必要な準備について、詳しくご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
行きたい山の調べ方
トレッキングする際の行きたい山の調べ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
山の中での注意
山の中で気を付ける事はたくさんありますよ。はじめてトレッキングをする際の山での注意事項をご紹介します。
携帯品
トレッキングの携帯品についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。