トレッキング前に再確認しておくこと

トレッキングするにあたり万が一の時のために行動計画をしておくとよいです。そして登山計画書を書くことはとても重要なことです。

 

行動計画について

登山計画書をポストに入れる

危険な箇所がある山には、登山計画書をポストに入れるようになっています。
登山計画書は、公益社団法人日本山岳協会から提供されているものがありますので紹介しておきます。

 

エクセルで開くことになりますので、そのままパソコンで直接記入して、最低2部印刷します。
自宅や身内、親しい方へ直接渡すものと、登山口のポストに投函するものです。

 

また、インターネット検索で、「登山計画書」と検索すればたくさん出てきます。
登山計画書には、住所、電話、氏名、緊急連絡先、誰と登山するのか、出発時間、下山時間、どのルートを登るのか、持参している食料や装備、などさまざまな情報を記入するようになっています。
最初は書くのに時間がかかることがあるかもしれませんが、慣れてくるとすぐ記載できるようになりますのであまり難しく考えることはありません。
この登山の計画をすることによって、入山から下山までの自分の行動を把握することも出来より安全が増します

 

入山から下山までの目安時間について

ポストの設置がないところも多いですが、まずは、自分ひとりで山に入ることを前提に、地図や本を参考にして、入山から下山までの行動計画を立てます。 昭文社の山と高原地図や、山と渓谷社の分県登山ガイドなどを参考にしましょう。

 

入山から下山までの目安時間

複数の地図を参照することによって、目安時間のずれが分かるはずです。
地図も山の本も担当者が実際にその山を自分の足で歩いて時間を計測し掲載しています。
危険個所と判断される場所でもあってものちに、改修工事がされていたり或いは崩れなどによって新ルートに変更されていたりと、一般の道と同様に変化はつきものです。
たくさんの人の意見を聞くのと同じく、複数の地図を参考にしてみて平均値を知ることが安心につながります

 

地図にあるルート上に目安時間が表示されていますが、登りと下りでは時間が違いますので 登りルートの合計と下りルートの合計それぞれを書き出し、山頂での休憩や昼食の時間を加味して登山計画書を書きます。

 

トレッキングを始める前にこれをやっておくと、初めての山でも不安を少なくして行動出来ます。

関連ページ

トレッキングの魅力と楽しみ方
トレッキングの魅力と楽しみ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキング何から始めればいいの?
トレッキングを始めたいけど何から始めればいいのか、トレッキングの手順や準備についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキングに必要な準備
トレッキングシューズや服装などトレッキングに必要な準備について、詳しくご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
行きたい山の調べ方
トレッキングする際の行きたい山の調べ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
山の中での注意
山の中で気を付ける事はたくさんありますよ。はじめてトレッキングをする際の山での注意事項をご紹介します。
携帯品
トレッキングの携帯品についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
目的地(山頂)へのコースの取り方
トレッキングでの目的地(山頂)へのコースの取り方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。