トレッキングに必要な準備について

トレッキングシューズを選ぶ

トレッキングシューズはざっくり別けると、3種類あります。

アルパイン

3000m級の山や冬山、長期縦走などを目的とし皮革製の登山靴

トレッキング

中低山をメインとし、悪路などにも対応できる登山靴

ハイキング

この3種の中では一番軽く、靴底も柔らかい作り軽装備でのトレッキング用

トレッキングシューズ

はじめてトレッキングされる方は、ハイキング用かトレッキング用のどちらかです。のめり込むタイプの方は、最初からトレッキング用がおすすめです。ブランドもたくさんありますが、靴底の張り替えが出来るものがおすすめです。長く愛用して自分の足になじんだ靴は何よりも安心できるツールになります。金額は、1万円から2万円くらいが多い層です。

 

ザックを選ぶ

ザックとは、日本語で浸透しているリュックサックと同じ意味合いですが、登山に特化してザックと呼ぶようです。由来はドイツ語でRucksackから来ているようです。
持っていくものを想定してザックの大きさを決めるのですが夏と冬でもって行く水分の量、服装が違いますが25L程度の大きさがあれば十分です。あとは、好みのブランドやデザインですね。ショルダーハーネスに、チェストサポートのついているものがザックが体に安定しておすすめです。

 

服装を選ぶ

季節によって何を着るかは大きく変わります。
真冬は、インナーとアウターをプラスして調節します。それ以外の季節は、上に着るもので調節します。
活動前の体感温度で寒い、暑いと感じても動き出すと活動前の体感は直ぐに変わります。歩き出すと体が温まってきますので、熱く感じることが多いですが、登山口から山林に入って日陰の中を歩いたり、風の当たる場所になって冷え込んだりと山の環境は頻繁に変わりますので調節ができるような服装が必要になります。

 

服装については、これが絶対というものはありません。1年間を通して必要なものを少しずつ買いまして行く方がよいですね。登山専門店だけでなく、ユニクロ、ワークマンなど作業着専門店なども覗いてみてはいかがでしょう。

服装を選ぶ

服装で気を付けたいのは秋冬は保温機能がしっかりしているもの、春夏は速乾性のある素材を注意して購入することです。
コットンは肌触りはいいのですが、汗をかいた体について体を冷やしてしまいます。また、夏も含めて季節を問わず長袖長ズボンがおすすめです。思わぬところで転んだり、木の枝や草などでの切り傷やすり傷、虻やブヨなどから体を守るためです。
夏には、コンプレッションシャツ&タイツ(体にぴったりフィットして、動きをサポートし疲労軽減に効果的と言われる)の上に、半ズボン、半袖を着る方男女問わずに多いです。

 

帽子について

キャップ、ハット、ニット帽などがあります。ニット帽は、耳をカバーできるので冬に向いています。ハットは、後付けで防虫ネットを付けることが出来るので細かな虫が多い夏の季節に向いています。

 

手袋について

ロープ、鎖場、階段、岩場、転倒、あらゆる場面で手を守ってくれます。
軍手でもOKです。

関連ページ

トレッキング前に再確認しておくこと
トレッキング前に再確認しておくことがあります。トレッキングを考えておられる方はチェックしてみましょう。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキングの魅力と楽しみ方
トレッキングの魅力と楽しみ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
トレッキング何から始めればいいの?
トレッキングを始めたいけど何から始めればいいのか、トレッキングの手順や準備についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
行きたい山の調べ方
トレッキングする際の行きたい山の調べ方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
山の中での注意
山の中で気を付ける事はたくさんありますよ。はじめてトレッキングをする際の山での注意事項をご紹介します。
携帯品
トレッキングの携帯品についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。
目的地(山頂)へのコースの取り方
トレッキングでの目的地(山頂)へのコースの取り方についてご紹介します。はじめてトレッキングをする際のいろいろな情報をご紹介します。