格安スマホとは?

格安スマホとは、MVNOと言われる事業者が提供するサービスの事をさします。MVNOとは「会社独自の通信回線を持たない会社が、他社から通信回線を借りて、その借りた通信回線を提供する」会社のことを言います。もっと簡単に説明すると、docomo、au、SoftBankといった大手携帯会社はそれぞれ自分たちの会社で通信回線を所持し、管理しています。MVNOはこの大手携帯会社から余っている通信回線を借りて、利用者にサービスを提供しています。

 

格安スマホが安い理由

格安スマホが安い理由

大手携帯会社は独自で通信回線を所持し、管理しています。管理にはかなりの維持費と専用の免許が必要となるため、コストがかかってしまいます。ですが、MVNOは自分たちで通信回線を所持していないため、管理費や免許も必要ありません。よって、コストのかかる大手携帯会社に比べて、安い値段で利用者にサービスを提供することができるのです。

 

世の中には「安かろう悪かろう」という言葉があるように、安い代わりに、大手携帯会社と違ったデメリットも格安スマホには存在します。

 

格安スマホのデメリット
通信速度が不安定

最初にデメリットとして挙げられるのが、通信速度が不安定であることです。そもそもの最大通信速度が大手携帯会社に比べてかなり遅い速度しかでないのですが、それに加えていつでも安定した速度で通信ができるわけではありません。
大手携帯会社でももちろん朝の通勤・通学の時間帯や、夕方〜夜にかけては多くの人が電波を利用するので多少混みあうのですが、それは然程気にならない程度のものです。MVNOでは混み合う時間帯は特に通信速度が落ちてしまい、安定した通信をすることができません。
自宅にWi-Fi環境がある方や、あまりインターネットをされない方には問題ないかもしれませんが、画像の多いページをよく見る方や、動画視聴などもする方にとってはあまりオススメできません

 

サポート体制が薄い

MVNOは基本的にインターネットで、自分でプランなども選択して購入をし、手元にSIMカードや端末が届いてからの初期設定などもすべて自分で行わなければいけません。インターネットやスマホに慣れている方なら良いのですが、そうでない方にとっては少し不安に思うかもしれません。
MVNOのサポート体制は基本的に電話、メール、チャットでの問い合わせが主流となっておりますが、中には楽天モバイルやUQ mobileなど実際に店舗を構えている会社もあります。不安な方は事前にどういったサポート内容が用意されているのか確認しておく必要があります。

 

ただ安いだけでなく格安スマホにはデメリットもあります。
安いからといって格安スマホに替えてしまう前に、しっかりと知識を手に入れることが大切です。

関連ページ

スマホの防水機能について
はじめてスマホを買いたい、利用したい方にスマホの防水機能についての情報をご案内します。
スマホを機種変更する際のお得術
スマホの機種変更、どのようなスマホにどうやって変更するのが自分にとって一番いいの?スマホの機種編国についてのお得情報をご紹介します。
機種変更する時のバックアップ方法
スマートフォンになってから機種変更が面倒になってしまった、と思っている人も多いのではないでしょうか。でも、だからといって変えないままでは、スマートフォンは一生モノではないので、いつか変えなくてはいけない時がきます。機種変更をするときに知っておきたいバックアップ方法についてご紹介します。
はじめてのスマホの選び方
ガラケーからスマホに替えようとするとき、実際にショップや量販店などでスマホを見てみると沢山の種類があることがお分かりいただけるでしょう。 種類が沢山ありすぎて「どれを選んだらいいのかわからない」と思っている方のために、今回ははじめてのスマホにオススメのスマホや選び方について紹介します。
iPhoneとAndroidの違い
はじめてスマホを購入する前に、誰しも悩むであろうiPhoneとAndroidの違いについて紹介します。iPhoneもAndroidも同じスマホですが、何が違うのでしょうか?
Y!mobileとは
ニャンキュッパという言葉や、桐谷美玲さんやピコ太郎さんなどの人気芸能人、ふてニャンと言われるちょっとブサイクな猫のCMで御馴染みのY!mobileについて紹介します。
携帯ショップと家電量販店の違い
携帯ショップと家電量販店などの代理店との違いとは?携帯ショップで購入することと家電量販店などの代理店で購入することの違いについて説明します。