ひな祭りについて

初節句の時期について

女の子が生まれて初めてのひな祭りを初節句と言います。
家族、親せきなどが集まって、女の子の幸せと健康を願って御祝いをするというものです。
ひな祭りは3月3日となっていますが、例えば1月や2月に誕生した女の子の場合、初めてのお節句は生後1〜2カ月ということになり、ちょうどお宮参りの時期と重なります。そういう場合は次の年の3月に行ってもOKです。まだお母さんも大変な時期なので、次の年の3月に行う家族が多いようです。また3月3日という日にちも、昔のようにこだわらなくなっており、みんなの集まりやすい3月初旬〜中旬に行うことが多くなっています。

 

ひな人形について

ひな人形

ひな祭りには、やはりひな人形を飾るという慣わしとなっています。
女の子の健康で元気に成長することを願うものなので、りっぱなひな人形でなくてもいいのです。例えば心のこもった手作りのひな人形でもOK。
祖父母から御祝いとしてもらう場合も多いようですが、祖父母がいる人たちばかりではありません。 高額なひな人形である必要はありません。心を込めて両親が手作りで作ってあげてもいいのです。
ひな人形は厄難、病気などから守り、身代わりになってくれるというものであり、お姉さんなど姉妹がいる場合でも、一人ずつひな人形を揃えるものと言われています。

 

現代はマンションなど飾る場所も狭くなっているため、とても小さいおひな様セットを、それぞれに揃えるという家庭も多くなっています。また長女だけ大きめのおひな様を購入し、あとの妹たちは小さなものにするなどいろいろです。

 

ひな人形の飾り付け

ひな人形の飾り付けは半月程度前から飾り、終わったらすぐに片付けるというのが昔からの習わしです。ちなみにひな人形の飾り付け時期は立春(2月4日)から2月19日頃の雨水(うすい)の日までに飾ると、将来良い結婚相手に巡り会えるという言い伝えがあるので、そんなことも縁起として参考にしてみてもいいかも知れません。

 

女の子はひな人形が飾られているのは嬉しいものなので、早めに飾っておきましょう。ひな人形の片付けは3月4日から3月19頃までにすると吉とされています。片付けるのが遅くなるとお嫁に行けないという迷信がありますが、それはあまり気にする必要はありませんが、あまりだらしなくずっと出しておくものではありません。お人形を片付けるのは湿度の低い晴れた日を選ぶようにしましょう。

 

 

ひな祭りはみんなで楽しく

ひな祭りは家族、祖父母、親せきなど、みんなが集まって女の子の幸せを祝うというものです。もちろんお付き合いのある親せきが少なかったり、祖父母が離れているなど、家族だけで御祝いする家族も多くなっています。

 

ひな祭りらしいご馳走を食べたり、ケーキやお菓子などみんなで楽しいパーティーを開くといいのではないでしょうか。本来は縁起の良いものを食べるというものですが、最近は特にそのようなことを気にせずに好きなものを食べるという家族も増えています。

 

女の子の御祝いということで、華やかで可愛いものがおすすめです。ちらし寿司などが定番となっています。もちろん初節句だけでなく、毎年お節句としてこの時期には、家族や祖父母などみんなでひな祭りの御祝いをしますが、やはり初節句はお披露目という意味もある特別嬉しい御祝いとなります。

関連ページ

ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。