ひな祭りの歴史について

ひな祭りは桃の節句とも言われていますが、もともとは上巳(じょうみ)の節句という、古代中国から行われていた行事から伝わったと言われています。上巳の節句は旧暦の3月、最初の巳の日に行われていたもので、脱皮をして成長していく蛇(巳)にちなんで、心も体も清めるというお祭りだったのです。

 

ひな祭りの歴史

上巳の日には紙や粘土などで作った人がたで体をなでて、いろいろな穢れを人がたに移して、それらを川や海に流してしまうというものです。しかし現代のひな祭りとは違い、年齢も性別も関係なく行われていました。

 

桃は邪気を祓うと考えられており、上巳の日には桃酒を飲むという風習があったのです。中国の上巳の日は、日本に伝わり安土・桃山時代には祓いの行事として行われていました。その後、貴族の間から女の子の御祝いに変わっていったのです。

 

ひな人形の歴史

古代中国から行われていた上巳の日が、そのままのかたちで日本でも行われていたものが、室町時代に貴族の間で女の子の良縁と健康を願うためのお祭りに変わっていきた頃から、人がたを人形に変えて女の子の身代わりとしたのです。

 

そして江戸時代になると庶民の間にも桃の節句として、女の子の御祝いとして広がっていきました。そしてひな人形として華やかになっていき、金蒔絵(きんまえき)のひな人形なども登場してきたのです。人がたで体をなでて、それを川や海に流してしまうという、中国の上巳の日を忠実に近いかたちで継いでいるのが流しびなとして現代でも残っています。

 

この場合はひな人形を流すのではなく、紙などの人がたを使います。全国で行われていますが、鳥取の用瀬町の「もちがせ流しびな」や、和歌山県淡島神社の「ひな流し」、京都下鴨神社の「流しびな」などは、観光としても人気のある流しびなです。

 

このようにひな人形は女の子が生まれたときから、その子を守る人がたなので姉妹もみんな別々に持つことが基本であり、人のお古をもらうことはしません。しかし現在住宅環境として、幾つもひな人形を飾ることができない家庭も多く、1つで済ませる家庭や、ポータブルタイプのひな人形をそれぞれに購入するといった場合も多い増えているようです。

ひな祭りの風習について

ひな祭りは3月3日

上巳の節句、または桃の節句として、室町時代に3月最初の巳の日である3日と定められました。しかし3月3日は特に休日ではないため、なかなか家族で集まることが難しく、現代は3月3日の近くの休日に行うことが多くなりました。

 

あまり3日にこだわらず、みんなの予定を考えて3月中旬までに行うようにしたいものです。ひな人形を身代わりと考えていた昔の人は、ひな人形をいつまでも飾ったままにすると、お嫁に行くのが遅れるという言い方をしていましたが、それはいつまでも出しっぱなしにせず、きちんと片付けることを戒めたことなのです。

 

ひな人形は1人ずつ持つ

ひな人形は1人ずつ持つ

ひな人形は女の子の身代わりと考えられています。昔は今のように薬もろくになく、健康に成長することはとても難しかったことから、成長を祈る気持がとても強かったのです。そのような意味から、ひな人形を厄の身代わりにするという考え方がありました。

 

そのため姉妹がいる場合は、それぞれのひな人形を持つことが基本となったのです。しかし現代は集合住宅など、ひな人形を姉妹別々に飾る場所が少ないため、女雛と男雛だけの小さな親王飾りタイプを姉妹の数だけ用意したり、姉妹共通のひな人形にしてしまっていることも多くあります。

 

またひな人形は身代わりという考え方から、お母さんのものを使用したり、誰かの使用したお古をもらうことは良くないとされています。

 

ひな人形に菱餅を供え、あられを食べる

ひな祭りには菱餅を供え、あられを食べるというのも風習となっています。菱餅はひな壇に供えますが、現在はコンパクトタイプの雛段も多くなり、模型の菱餅が飾られているものが増えています。菱餅はもともとお雛様にお供えをするもので、下から白、緑、ピンクとなっており、雪の上に緑が芽吹き、その上に桃が咲いているという風景を表しています。

 

しかしこの色の順番は下から緑、白、ピンクという別タイプもあります。こちらは雪の下には青い新芽が出ており、雪の上では桃が咲いているという風景を表しています。どちらも間違いではなく、地域などでも違うようです。
桃は浄化作用により厄を祓うと考えられており、緑は新緑の生命力を表し、白は清浄を表しており、あられも同じ意味からピンクと白と緑の三色あられとなっており、子どもが食べるお菓子として用意されていました。この3色はひな祭りのシンボルカラーとも言えるのです。

 

おめでたい日としてチラシ寿司

ひな祭りチラシ寿司

ひな祭りはおめでたい日であり、チラシ寿司で御祝いするというのも定番となっています。黄色い錦糸卵や鮭やイクラなど、華やかな色合いのチラシ寿司は、女の子のお節句にぴったりです。とはいってもこれはわりと新しい風習です。もともと平安時代からおめでたいときには、現代の寿司の原型とも言われている「なれ寿司」を食べるという風習がありました。

 

ばら寿司(チラシ寿司)は江戸時代頃からおめでたいときなどに食べるようになったと言われています。ひな祭りにチラシ寿司を食べるのも、この頃からということになります。現代にも定着しているのは、やはり美味しく華やかだということではないでしょうか。

 

ひな祭りのおすすめちらし寿司

 

ハマグリも幸せな結婚を祈った風習だった

ハマグリは二枚貝の中でも、対の貝以外ピッタリ合うものが1つもないと言われています。そのためハマグリで作った貝合わせという、現代のカルタのような遊びも、平安時代から行われていました。これは一生に一度、ピッタリの相手と添い遂げられるという意味であり、幸せな結婚ができるようにという想いからハマグリを食べる風習となったのです。

 

甘酒も意味があった

ひな祭りには甘酒(白酒)を飲むという風習もあります。百歳のことを「ももとせ」と言い、「桃」に掛けて縁起がいいことから清酒に桃の花びらを浸した桃花酒(とうかしゅ)から始まっており、江戸時代辺りからはもち米などで作った、子どもでも飲めるノンアルコールの甘酒に変わったと言われています。

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。