ひな祭りの御祝いのお返しについて

ひな祭りお祝いお返し

初節句の御祝いを祖父母や親せき、知人からいただくことも多いと思いますが、初節句の御祝いをいただいたお返しは、子どもを囲んだ御祝いのお食事の席にお招きするというのが基本となります。とはいっても実際にはなかなか集まることができなかったり、遠方で来られないということもあるので、その場合は「内祝」を贈るようにしましょう。

 

御祝いの席でお返しをするときには

ひな祭りの御祝いの席では、お節句ならではのイメージを大切にしたお料理がおすすめです。今は特に昔の風習にこだわったお料理を出さなくても問題ありませんが、やはり風習を意識したお料理でおもてなしすると喜ばれるのではないでしょうか。

 

ひな祭りに定番のメニューは「ちらし寿司」「ハマグリのお吸い物」「季節の小鉢」です。それに「ひなあられ」、「菱餅」、「白酒」や「甘酒」を用意すれば完璧です。また桃、桜、橘、菜の花などの花も飾り付けると、ひな祭りらしさがアップします。お礼の食事なのでご馳走を出すことが大切です。

 

 

内祝いについて

特に決まりはありませんが、いただいた金額や商品の価格の大体3分の1〜半分程度の内祝いをする人が多いようです。しかし祖父母の場合は、少しでも孫のためにと思ってひな人形を贈ってくれたり、御祝い金をくれるので、その気持を尊重して特に何分の1ということではなく、お礼として祖父母の好きなお菓子など、ちょっとした感謝の気持ちをお返しすればいいのではないでしょうか。

 

またお茶わんやカップなど、毎日使うものを記念として選んでもいいかもしれません。祖父母にはつい甘えてお返しをしない場合もありますが、そこは親しくても礼儀ありということで、何か少しでも贈るようにしたいものです。

 

祖父母に限らず内祝いの商品は、お茶やお菓子など桃の節句のお返し用にぴったりのものがいろいろ出回っています。子どもがまだ赤ちゃんで、なかなか選びに行けないときには、ネットでもおすすめの商品がたくさん出回っているので利用してみてはいかがでしょう。ネットを使用する場合は、ある程度知っているメーカーの商品の方が失敗がありません。

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。