ひな祭りに飾る花について

桃の花

ひな祭り桃の花

ひな祭りの元となっている古代中国で行われていた「上巳の日」は、現代の暦では3月末から4月中旬にあたり、この時期には桃の花が咲く頃でした。桃には浄化力が高く厄除け、魔除けのパワーがあると言われ、「上巳の日」には桃の花びらを浮かべたお酒を飲むという風習がありました。そのため桃の節句とも言われるようになり、ひな祭りに桃の花は欠かせないものとなったのです。
しかし実際に3月3日には桃の花はまだ咲いていないことがほとんどで、花屋さんで購入することがほとんどですが、美味しい実のなる桃ではなく、観賞用のハナモモという種類の桃の花が使用されています。色は桃色、白、赤などで、枝を埋め尽くすように華やかに咲く種類です。

 

ひな段には欠かせない桜と橘

ひな段にもある桜の木と橘の木。これらにも昔から魔除けや邪気祓いのパワーがあり、特に橘には不老長寿のパワーがあると考えられていました。そのためひな段の左右に、桜の木と橘の木を模したものが置かれるようになったのです。この二つは昔から日本に自生していた植物で、桜や実のついた橘の枝を飾ることもあります。

 

菜の花を飾る

ひな祭りにはピンクの桃の枝と菜の花を飾ることも多いようです。菜の花は昔からの意味があって飾られていたものではなく、わりと近年になって飾られているようになりました。春を感じさせる花であり、桃のピンクと菜の花の黄色のコントラストが華やかであることから、菜の花と桃の花が花屋さんの店頭でも見られるようになったのです。

 

食卓を飾る

ひな祭りと関係の深い花で食卓を飾ると、ますます華やかな御祝いの席になりますが、やはりテーブルの上に花を飾ると邪魔になってしまいます。そんなときにはお料理の皿にピンクの桃や桜の花を添えたり、黄色い菜の花を添えるなど、お皿を花で飾ると全体に華やかになります。

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。