ひな人形の選び方

ひな人形を購入する人を決める

ひな人形は祖父母が購入する場合も多く、誰が購入するかきちんと決めることが大切です。
夫側、妻側の祖父母がどちらも購入してしまうなんて失敗もないとは限りません。
そこでお互いに自分の親と相談をして、誰が購入するか決めましょう
一応、一般的には妻側の祖父母が購入することが多いので、妻側の祖父母が購入するということであれば、ここは夫側の祖父母は遠慮した方がいいかも知れません。
他に記念になるものを贈るなどもおすすめです。

 

飾る場所を決める

ひな人形飾る場所

次に飾る場所を決めることが大切です。
飾る場所によってひな人形のタイプ、サイズも決まってきます

 

スペースがタンスの上などであれば、それなりのポータブルタイプがおすすめです。
床にある程度のスペースがあるなら、ミニチュワ段飾りなどはいかがでしょう。
しっかりスペースがあるなら昔ながらの段を組むタイプのひな人形5段や7段タイプがおすすめです。
また今後引っ越しの可能性があるなら、あまり大きいものは避けるべきかも知れません。

 

幾つも見てみる

やはりひな人形について、詳しい人は少ないのではないでしょうか。
自分の予算や条件にあったひな人形をいろいろ見てみましょう
ネットなどはとても安いものも販売されており、人形専門店やデパートは高級品もたくさんあります。また大型スーパーなどは、リーズナブルなものがたくさん売られています。

 

ひな人形はいろいろなタイプを実際に見てみることも大切です。その上でどれを購入するか、どういうタイプがいいかなど決めてはいかがでしょう。
例えば一般的な衣裳着タイプと、木目込み人形とどちらがいいかなども、やはり実際に見ることが必要です。
また大きさもサイズだけで想像するより、やはり実際に見た方が分かりやすいはずです。

 

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。