ひな人形の贈る人と相場

ひな人形を贈る人は決まっているのか?

ひな人形を贈る人は、特に決まりはありません。つまり昔からの習わしということであれば、ママ側の両親が贈るものだと言われています。しかし習わしは特に決まりではなく、実際にひな祭りを昔の習わしどおりやっている人自体少ないので、あまりこだわる必要はありません。もしママ側の祖父母がいない場合は、パパ側の祖父母が贈ることもあります。祖父母が存命していないこともあり、ママやパパが購入してもまったく問題はありません。そういう意味では特に決まりはありませんが、風習としてはお嫁に来たママの実家が贈るということになのです。そのためパパ側の祖父母はとりあえず出しゃばらないようにしましょう。

 

現在の状況は?

ひな人形を贈る人

実際に現在、ひな人形の購入はどうなっているのでしょう。まずママ側の実家から贈る場合、パパ側の実家が贈る場合、両方の実家が折半して贈る場合、パパ、ママが購入する場合などさまざまです。一番多いのはやはりママ側の実家からとなっています。そしてパパ側の実家からは、洋服や靴、記念になるようなものを贈るという場合が多いようです。

 

お互い誰が買うの?なんて聞きにくい話です。そこでママもパパも自分の実家に打診してみて、上手に調整してはどうでしょう。基本的には女性側の実家が贈ることが多いというだけで、どちらの祖父母も贈りたいという場合は、ママ側の祖父母にゆずるようにしてはいかがでしょう。

 

また女の子が2人目の場合は、1人目に贈っていない祖父母が贈るというのもいいかも知れません。やはりママとパパが上手に間に入ってうまく調整するのが一番スムーズではないでしょうか。知り合いの家庭では、ママ側の祖父母がひな人形を送り、パパ側の祖父母は小学校に入るときにランドセルを贈りました。この場合も両家の間にパパやママが入って決めたとのことです。

ひな人形の相場について

ひな人形の価格はまちまち

ひな人形の価格は幅が広く、本当にピンキリとも言えます。まず段の数(人形の数)、素材、お道具の数、衣裳の生地などによっても値段は大きく変わってしまうのです。また人形なので人形作家によっては数百万というものもあるほど。一般的なものでも衣裳の生地が西陣織や麹塵(きくじん)などを使用しているものは高くなるなど、人形の価格と質は深く関係します。ここでは一般的な売れ筋の相場をご紹介しましょう。

 

衣裳着タイプと木目込みタイプ

ひな人形種類

人形のタイプとして、大きく分けて衣裳着タイプと木目込みタイプがあります。衣裳着タイプは言葉どおり衣裳を着た、リアルな感じのお人形です。木目込み人形は着物の部分に布がはり付けたものや、絵で描かれたタイプで丸みのある可愛いお人形となります。

 

まずこの2つのどちらにするか、悩む人も多いのではないでしょうか。大きなひな壇のあるひな人形は衣裳着タイプが多く、木目込み人形はコンパクトタイプが多いようです。最近はインテリア感覚の、木目込みタイプもとても人気が高くなっています。

 

衣裳着タイプ親王飾りの相場

親王飾りは男雛、女雛の2体のみのタイプで、屏風の前に座っています。集合住宅などには人気のあるポータブルタイプで大体タンスの上に乗せることができる程度の大きさとなっています。

 

大きさについては例えば横幅29p×奥行28p×高さ22p程度の小ぶりのタイプから、横幅48p×奥行30p×高さ37pほどの中型タイプ、少し大きめの横幅65p×奥行40p×高さ36pぐらいのものなど、全体的に小ぶりなタイプで売れ筋相場は約5万円〜12万円となっています。

 

衣裳着タイプ段飾り(小型)の相場

段飾りでも段を組んで作るタイプではなく、もともと段が出来ておりそのまま床や台の上に置くことができる小型のタイプの相場についてです。大きさについては例えば横幅80p×奥行68p×高さ73pぐらいのものや、横幅90p×奥行63p×高さ86pぐらいのもの。

 

また、もう少し全体に大きめの横幅105p×奥行き12p×高さ127pぐらいの大きさで、3段飾りや5段飾りのものなどがありますが、売れ筋相場は約8万円〜20万円程度となっています。

 

衣裳着タイプの5段、7段飾り相場

昔はこのタイプの5段飾りや7段飾りが一般的でした。段を組み、赤い毛氈敷を敷いたものでサイズとしても例えば横幅120p×奥行165p×高さ約150pぐらいのものや、横幅135p×奥行165p×高さ約155pぐらいのものなどがあり、売れ筋相場になると約20万円〜50万円程度となります。

 

衣裳着タイプ親王飾りケース付き相場

衣裳着タイプ親王飾りはタンスの上などにも、乗せることができるポータブルタイプがいろいろありますが、ケース付きのものも人気があります。ケースはガラスケースとアクリルケースがあり、やはりガラスケースの方が価格的には高くなります。大きさとしては横幅50p前後×奥行き35p前後×高さ35センチぐらいの大きさが人気があり、売れ筋相場としては約3万円〜9万円程度となります。

 

木目込みタイプの相場

木目込みの親王飾りには、とても小さいコンパクトサイズもあります。例えば横幅21p×奥行18p×高さ15pほどのかわいいタイプは、木目込みタイプならではと言えそうです。コンパクト5段飾りは横幅52p×奥行44p×高さ54p程度の可愛い5段飾りも人気があります。売れ筋相場としては約3万円〜15万円程度となります。

 

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな人形の名前と飾り方
ひな人形にはいろいろな名前があり、また飾り方にも決まりがあります。きちんと間違えずに飾ることができるように名前や決まりを知っておくことも大切です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。