ひな人形の名前と飾り方

最上段

ひな人形の名前と飾り方

段飾りの一番上の段には、女びなと男びなが並んでいます。
男びなを「お内裏様(おだいりさま)」、女びなを「お姫様(おひめさま)」と言います。
どちらが右か、左か? 迷ってしまうところですが、これは関東風と京都風では違います。

 

普段見慣れているタイプは関東風が多く、お内裏様が向かって左、お姫様が向かって右となります。
しかし京都風ではまったく逆で、お内裏様が向かって右、お姫様が向かって左となるのです。京都風の場合、御所における天子の玉座が左だからという理由があります。

 

また関東風は武家の装いで飾るため、武家の右上位という考え方からお内裏様は向かって左になるのです。震災や戦争などで資料や文献がなくなってしまい、研究者の中でも昔はどのようなかたちだったのかはっきりしていないのが現状であり、そのため飾る地域によって左右逆になる場合があります。

 

飾る地域に合わせるといいのではないでしょうか。お内裏様とお姫様の後には金屏風を立て、2人の間にはお道具の桃の花の三方飾りを置きます。両脇にはぼんぼりを立てましょう。

上から2段目

ここからは関東風も京都風もなく、すべて同じになります。
上から2段目は三人官女(さんにんかんじょ)。
向かって左から、加銚子、島台、長柄銚子を持っています。
両わきが立っており中央が座っています。
立っている官女は足が外側に向いているので、それを目安に左右に置きましょう。
お人形の間にお道具の高坏を置きます。

上から3段目

上から3段目は五人囃子(ごにんばやし)です
向かって左から、太鼓、大皮鼓、小鼓、笛、扇を持っています。
向かって一番右は座って楽器を持たず、扇を持った歌い手となります。向かって左にいくほど大きな楽器を持っていると覚えておくと分かりやすいはずです。

上から4段目

上から4段目には右大臣と左大臣の2体が両脇にいます。
右大臣は若い青年で向かって左側に置き、白い髭の老人が左大臣で向かって右側です。
それぞれ中央に向かってお道具のお膳と菱餅を置き、菱餅と菱餅の間には白酒を置きます。

上から5段目

上から5段目は仕丁(しちょう)を置きます。
両脇にお道具の橘の木と桜の木が置かれます。
橘の木はお内裏様が右にあれば右に、左にあれば左に置き、桜はお姫様側に置くようにしましょう。
その間に三人上戸という三人が置かれます。
向かって左から台笠(熊手)、沓台(ちりとり)、立傘(ほうき)を持っています。

上から6段目、7段目

6段目、7段目はお道具を置く場所となりますが、置き場所は決まりがないので、バランス良く置きましょう。
6段目は、たんす、鋏箱、長持、鏡台、お化粧道具、針箱、火鉢、茶の湯道具など。
7段目は御駕籠、重箱、御所車などが、調和が取れるようです。

関連ページ

ひな祭りについて
ひな祭りについて、人形や飾り付けお祝いの仕方などはじめてひな祭り、初節句を迎える方にご案内します。
ひな人形の贈る人と相場
初めてのお節句には、やはり祖父母が購入する場合が多いようですが、パパ側の祖父母もママ側の祖父母のどっちが購入するものなのでしょう。また購入する場合、価格はいくらぐらいなのでしょう? ひな人形の相場についてご紹介します。
ひな祭りの歴史と風習
「ひな祭り」は昔から現代に受け継がれている、女の子のためのお祭りです。「ひな祭り」や「ひな人形」にはどのような歴史があるのか、また風習についてご商迂回します。
ひな祭りに飾る花
ひな祭りは桃の節句とも言われており、桃の花とは深い関係があります。しかしひな祭りに飾る花は桃だけではありません。ひな祭りにぴったりの花のご紹介です。
ひな人形の選び方
ひな人形を購入する場合、初めてということも多いかも知れません。失敗しないためにも押さえておきたいポイントを挙げておきましょう。
姉妹が多い時のひな人形
ひな人形は女の子だけに購入するものですが、その意味から姉妹一人ひとりに購入して飾ってあげるのが正しいと言われています。しかし現代の日本の住宅事情ではなかなか難しいのではないでしょうか。そこでどのような方法があるのかのご紹介です。
ひな祭りの御祝いのお返し
ひな祭りの御祝いをいただいたときには、やっぱりお返しをすることが必要となります。どのようなものをどの程度すればいいのでしょう。特に初節句などの御祝い返しなどのマナーなどのご紹介です。
ひな祭りのおすすめ「ちらし寿司」
ひな祭りだからと言って、何を食べなければならないという決まりはありませんが、昔からのちらし寿司が食べられてきました。そこで、ひな祭りらしい簡単で華やかな「ちらし寿司」のご紹介です。
ひな祭りの簡単ケーキ
オーブン無しでも簡単に子どもと楽しみながら作ることのできる、ひな祭りケーキのご紹介です。