はじめてのひな祭り|はじめて.com記事一覧

ひな祭りのひな人形

初節句の時期について 女の子が生まれて初めてのひな祭りを初節句と言います。家族、親せきなどが集まって、女の子の幸せと健康を願って御祝いをするというものです。ひな祭りは3月3日となっていますが、例えば1月や2月に誕生した女の子の場合、初めてのお節句は生後1〜2カ月ということになり、ちょうどお宮参りの時期と重なります。そういう場合は次の年の3月に行ってもOKです。まだお母さんも大変な時期なので、次の年...

ひな人形買う人

ひな人形を贈る人は決まっているのか?ひな人形を贈る人は、特に決まりはありません。つまり昔からの習わしということであれば、ママ側の両親が贈るものだと言われています。しかし習わしは特に決まりではなく、実際にひな祭りを昔の習わしどおりやっている人自体少ないので、あまりこだわる必要はありません。もしママ側の祖父母がいない場合は、パパ側の祖父母が贈ることもあります。祖父母が存命していないこともあり、ママやパ...

ひな祭り歴史

ひな祭りは桃の節句とも言われていますが、もともとは上巳(じょうみ)の節句という、古代中国から行われていた行事から伝わったと言われています。上巳の節句は旧暦の3月、最初の巳の日に行われていたもので、脱皮をして成長していく蛇(巳)にちなんで、心も体も清めるというお祭りだったのです。上巳の日には紙や粘土などで作った人がたで体をなでて、いろいろな穢れを人がたに移して、それらを川や海に流してしまうというもの...

ももの花

桃の花ひな祭りの元となっている古代中国で行われていた「上巳の日」は、現代の暦では3月末から4月中旬にあたり、この時期には桃の花が咲く頃でした。桃には浄化力が高く厄除け、魔除けのパワーがあると言われ、「上巳の日」には桃の花びらを浮かべたお酒を飲むという風習がありました。そのため桃の節句とも言われるようになり、ひな祭りに桃の花は欠かせないものとなったのです。しかし実際に3月3日には桃の花はまだ咲いてい...

ひな人形飾る場所

ひな人形を購入する人を決めるひな人形は祖父母が購入する場合も多く、誰が購入するかきちんと決めることが大切です。夫側、妻側の祖父母がどちらも購入してしまうなんて失敗もないとは限りません。そこでお互いに自分の親と相談をして、誰が購入するか決めましょう。一応、一般的には妻側の祖父母が購入することが多いので、妻側の祖父母が購入するということであれば、ここは夫側の祖父母は遠慮した方がいいかも知れません。他に...

姉妹は別々にひな人形を持つべきか?もともとひな祭りの歴史やひな人形の意味を考えると、やはり身代わりという意味が多いので、一人ずつ1組のひな人形を持つことが正式です。もちろんそのようなことはまったく無視して、何人姉妹がいても1セットのひな人形にしているという家庭もたくさんあります。しかしもともと歴史のあるお祭りであり、風習を重視するとやはり別々にした方がいいのかも知れません。昔であれば一軒家が多く、...

最上段段飾りの一番上の段には、女びなと男びなが並んでいます。男びなを「お内裏様(おだいりさま)」、女びなを「お姫様(おひめさま)」と言います。どちらが右か、左か? 迷ってしまうところですが、これは関東風と京都風では違います。普段見慣れているタイプは関東風が多く、お内裏様が向かって左、お姫様が向かって右となります。しかし京都風ではまったく逆で、お内裏様が向かって右、お姫様が向かって左となるのです。京...

初節句の御祝いを祖父母や親せき、知人からいただくことも多いと思いますが、初節句の御祝いをいただいたお返しは、子どもを囲んだ御祝いのお食事の席にお招きするというのが基本となります。とはいっても実際にはなかなか集まることができなかったり、遠方で来られないということもあるので、その場合は「内祝」を贈るようにしましょう。御祝いの席でお返しをするときにはひな祭りの御祝いの席では、お節句ならではのイメージを大...

3色の酢飯を作るちらし寿司をおしゃれに作る場合、まず3色の酢飯を準備しましょう。まず白い酢飯はそのままにして、桃色と緑の酢飯を作ります。桃色の酢飯はサーモンのほぐし身を混ぜるとオレンジ系になります。またピンクのデンブを混ぜるとピンクになります。紅ショウガを細かくみじん切りにして混ぜてもOKです。緑の酢飯は抹茶の粉を混ぜたり、青汁の粉を混ぜるとキレイな緑の酢飯ができます。青のりを混ぜる人もいるようで...

3色の生クリームを作るひな祭りには欠かせない3色の生クリームの作り方のご紹介です。ケーキによっては必要ない色もあるので、自分の作るケーキによって分量も変わってきます。まずホワイトはもちろんそのままでOKです。ピンクはイチゴパウダーを使ったり、かき氷に使用するイチゴシロップを適量混ぜます。グリーンは抹茶や青汁を少量の極少量のお湯に溶かし、冷えてから混ぜたり、メロンシロップを適量混ぜるなどがおすすめで...